Xhamppでバーチャルホスト

PC内のXhamppにバーチャルホストを設定し、複数サイトの開発環境を構築したい。

httpd.confの設定

/xampp/apache/conf/httpd.conf を編集。
Listen 80 の下へ必要な分のポートを追記。

例:

1
2
3
Listen 8080
Listen 8081
Listen 8082

バーチャルホスト(httpd-vhosts.conf)の設定

/xampp/apache/conf/extra/httpd-vhosts.conf を編集。

例:

1
2
3
4
5
6
7
8
9
<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs"
ServerName localhost
</VirtualHost>

<VirtualHost *:8080>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/【ディレクトリ名】"
ServerName localhost
</VirtualHost>

以下の記事が参考になった。

Windows環境でnode.jsモジュールのインストールエラー解消

Windows環境で node.jsのモジュールインストール時にエラーが発生する。

どうやら原因はC++のコンパイルが動作しないことのようで、これを解消していく。

Microsoftが管理しているNode.jsガイドラインを主に参考に進める。情報の鮮度が大本が管理しているだけに高そう。
まずは Visual C++ Build Tools をインストールする。
カスタムインストールから “Windows 8.1 SDK”と”Windows 10 SDK” を選択。
容量が大体7GBほど使用するらしいが、しょうがない。

また、Python 2.7もインストールする。

しかし今度は下記ののエラーが発生。

ERROR in Cannot find module 'node-sass'

これはいつも通り、node-sass の再インストールで解消。
これで通常運転に移った。
そこまでやってその存在に気付いたが、下記ののツールを用いるととても簡単そうである。

普通に以下のようにグローバルインストールするだけで、もろもろセッティングを行ってくれるようだ。

1
$ npm install -g windows-build-tools

近年はMicrosoftもNode.jsへ色々と投資をしているので、少しずつ改善はしているが…もう一歩という印象は残る。

Firefoxのマルチプロセス-e10s-を強制有効化

e10s未対応のレガシーなアドオンがインストールされている環境でも強制的に有効にする。

about:config をいじる必要があり。
extensions.e10sBlocksEnablingextensions.e10sBlockedByAddonsfalse へ。
その後Firefoxを再起動すると有効化された。

これによってFirefoxが不安定になるかは様子見。

React Date-picker

Date-picker機能を実装するにあたり、Reactコンポーネントを含め調査を行った。

HTML標準のinput要素のtype属性「date」のPolyfillもいくつか見つかった。

Firefoxは次期バージョンでChromeライクなDate-pickerが利用できるが、現時点ではまだ未対応。
これらのポリフィルを採用してもよかったが…統一したUIの提供を優先し、今回はReactコンポーネントを利用した。

Instagram API

Instagram APIを使用したフィード表示を実装してみた。

参考文献は以下、情報は多々見つかった。

今回はPHPを開始実装を行った。
コードは代替、このような感じである。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
<?php

$myAccessToken = '00000000000000000000';
$user_id = '0000000000';

$json = file_get_contents('https://api.instagram.com/v1/users/'.$user_id.'/media/recent/?access_token='.$myAccessToken);

$obj = json_decode($json);

foreach($obj->data as $data){
echo '<img src="'.$data->images->low_resolution->url.'" alt="">';
}

?>

自アカウントの情報を載せる分にはそれほどハードルは高くなさそうであるが、
それ以上を行うとなると手続きはかなり面倒そうである。