GoogleAppsScriptのローカルで開発

業務上の定期的な通知に、GoogleAppsScriptを使用してChat Work APIを叩くというのを利用している。

しかし、GoogleAppsScriptのコード管理は原則ブラウザ上で行う形となるので、なかなかバージョン管理も難儀で不都合も生じる。
よって、ローカルで開発・修正し、アップロードし実行という環境を構築するべく、node-google-apps-scriptを導入した。
その際の参考は以下の記事。

結果コードの編集と gapps upload コマンドを繰り返すだけで反映が可能となった。
GoogleAppScriptはアイデア次第でかなり有用なので、容易に導入できるよう開発環境も整備して行きたい。